Home > AIR ブログ > 記事:"語学系専門学校と大学の違いは?"

語学系専門学校と大学の違いは?

こんにちは。
入学相談室 栗林です。

例年、年明け1月の時期は、
AIR入学相談室では、
多くの個別相談のメールが寄せられます。

というのも、
この春の4月入学を検討されている
高校3年生の方から、社会人、留学生の方までの幅広い方が、
語学・観光分野の仕事に興味を持っているからです。

(1)大学受験からの進路変更を悩んでいる方
(2)就職活動からの進路変更で悩んでいる方
(3)現在、大学や短大に在籍をしている方
(4)社会人の方
(5)留学生の方


そこで今日は、
(1)大学受験からの進路変更でのご相談がありました。

多くの方が悩まれる質問でしたので、
ここで少しだけご紹介させていただきます。


Q:語学系専門学校と大学の違いはなんですか?

A:英語を学問として学ぶのは大学ですが、
  英語を話せるようになるために、
  英語を使って仕事ができるようになるために、
  学ぶのが専門学校です。

  一般的に専門学校は、将来の目的が具体的な人が学ぶと
  言われていますが、
  英語を話せるようになりたいと考えたときに、
  高校の段階で、具体的な将来の目標が見えてくる方は、
  少ないかもしれません。
  それは、高校までの段階で、外国人の方と接したり、
  海外経験が少ないこともあるかもしれませんね。
  
  そこで、AIRでは、国内や海外ホテルでのインターンシップや
  国際ボランティア活動などを積極的に行い、
  在学中により具体的な目標を持てるようにサポートしています。
  将来の目標決定や就職を自分一人だけではなく、
  先生方も親身になってサポートしているのが特徴ですね。
  AIRには、大学や短大を卒業後入学される方もいるのは、
  このことも理由の一つだと思います。
  

少し長くなりましたが、同じような不安を抱えている方も、
いらっしゃると思いますので、ご紹介しました。

進路について真剣に考えるからこそ、不安や質問が出てくるものです。
他にも質問などありましたら、遠慮なくメールしてくださいね!
  
AIR入学相談室: air@nsg.gr.jp


栗林でした。







  
  
  



カレンダー

<   2021-09   >
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

記事の検索

Rss2.0フィード

このブログのRSSフィード 
 
Copyright 2012 JAPAN NSG GROUP All Rights Reserved.