Home > AIR ブログ > 記事:"通訳ガイド科研修旅行のつづきです"

通訳ガイド科研修旅行のつづきです

皆さん!こんにちは!通訳ガイド科の江川です。

先週通訳ガイド科研修旅行の佐渡編ということで書かせてもらいましたが先週では全部伝えきれなかったので今週も書いてしまいます。

10月28日佐渡市小木の佐渡太鼓体験交流館(たたこう館)で和太鼓体験をしてきました。皆さん、「鼓童」って知っていますか?佐渡を拠点に活動を展開する太鼓芸能集団だなんていわなくても皆さんご存知ですよね。

その「鼓童」のスタッフの方で「しんちゃん先生」と呼ばれている方から指導をいただきました。実はこのたたこう館には1ヶ月前にTBS「ぴたんこカンカン」という番組の安住アナウンサーが来ていたらしくその話もしていただきました。

留学生はおよそ90分間の太鼓をたたいていました。筋肉痛になった学生がほとんどでした。

皆さんも小さい頃から生まれ育った地域のお祭りなんかで聴くようなリズムが体にしみこんでいるように、国によっても体にしみこんでいるリズムが違うんですよね。太鼓はどの国にもあり、その国の独特のリズムがあることを知りました。

皆さんのリズムはどんなリズムですか?

長くなりましたがもう少し佐渡研修の話を来週させていただきます。それまで皆さん、お元気で!風邪に負けるな!

カレンダー

<   2021-12   >
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

記事の検索

Rss2.0フィード

このブログのRSSフィード 
 
Copyright 2012 JAPAN NSG GROUP All Rights Reserved.